エネルギースタートアップが初めて、オーストラリアで仮想通貨を調達

ICO

エネルギーテックスタートアップが、オーストラリアの歴史上初めて、仮想通貨での資金調達を行った。

ブロック・チェーン技術を使用し、ピアツーピアエネルギー取引を提供しているPower Ledger社は、出資を集め、取引ネットワークに興味がある人々の関与を促すことを目的として、ICOを行っている。

現地企業が仮想通貨における取引を実施することは初めてである一方、オーストラリアにとってもICOは初めての試みである。

DigitalXをアドバイザーとして活用するPower Ledger社は、Ethereum仮想通貨ネットワークを介して、1億4000万のPOWRトークンを販売している。

Pre-ICOとして成功をおさめ、仮想通貨で1,500万USドル(1,890万ドル)を調達することに成功した「トークン生成イベント」となった。

POWRトークンについて、価格取引に関する内容には関して特に制限はない。トークンはEthereumブロックチェーンネットワークに転送された後、仮想通貨取引に移行し、Power Ledger社のエネルギー取引プラットフォーム内で提供されている取引通貨「Sparkz」に変換される。

Power Ledger社のスポークスマンによると、株式を発行するなどの従来の資金調達手段ではなくICOを検討した理由は、取引されたトークン自体がエネルギー取引プラットフォーム下で消費される点にあるという。

同スポークスマンは、ICOでの取引が増えるにつれて、プラットフォームを利用する投資家の関与が増えていることを明らかにした。

取引内容に制限がされていないということは、大型ファンドや個人投資家が取引に参加するというよりむしろ、小規模の投資家が取引に参加する機会が増えることにつながる。

PowerLedger社の会長Jemma Green氏は、「革新的な資金調達手段の活用は、PowerLedger社の事業内容に適している。」と、述べている。

「ブロックチェーン技術と仮想通貨は、当社のビジネス・オファリングを支えている。」と彼女は話している。

DigitalXの議長Toby Hicks氏によると、ICOはまだまだオーストラリアでは初期段階にあるけれども、PowerLedger社がとるアプローチ方法は取引内容に対する信頼を醸成しているのだそうだ。

Hicks氏は、「PowerLedge社の取引では、PowerLedger社のネットワークを使用することによりトークンの価値が発揮される」とFairfax Mediaに話している。

彼は、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)が最近発表した指針によると、ICOが成熟しつつあることを受け、ASICが新しい収益を上げる手段の規制を策定している最中であることに言及した。

Power Ledger社の取引プラットフォームでは、匿名化された過去の顧客データとブロックチェーンプロセスを利用して、規制されたネットワーク上で取引がどのように機能しているかが調査されている。

ブロックチェーン技術は、エネルギーの生成と消費に関する、透明性が高く会計監査が可能な記録を生成し、消費者が隣人と自動的にエネルギーを取引できるようにする。

このプロセスは、住宅事業者と商業事業者が価格とエネルギーの販売先を決定する、明確なメカニズムとして機能している。

Power Ledger社の取締役は、「ピアツーピアエネルギー取引は、消費者が大きな価値を提供できるようになる機会を提供し、消費同士が直接連絡をとりあうことを促している。」と述べている。

同社は現在、Originとオーストラリアのトライアルを実施しており、インドのTech Mahindraとのトライアルも行っている。

EtherreumがBitcoinと異なる点は、PowerLedger社のプラットフォームのように、ユーザーが分散型アプリケーションを構築し、展開することができるブロックチェーン技術に基づいた、オープンなソフトウェアプラットフォームであるという点である。

ユーザは、仮想通貨を採掘する代わりに、ネットワークに供給する仮想通貨を稼ぐ仕事をし、ネットワーク上でサービスや取引手数料を支払うことが可能である。

最近開発されたばかりの仮想通貨であるにも関わらず、今では世界で二番目に大きな価値がある仮想通貨である。過去12か月で時価総額が2,226%まで上昇した。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加