スウェーデンにおける仮想通貨ブーム; 注目すべきトップ3 スウェーデン フィンテックスタートアップ

スウェーデン

スウェーデン人が缶詰チーズの消費量を除いて、アメリカ人よりすべてにおいて優れているかと言われれば疑わしいが、スウェーデンの経済政策や政府の効率性は、世界的によく知られているところである。もちろん、シリコンバレーはPayPalやCoinbaseを生み出した土地である。しかしスウェーデンには、独自のフィンテック・ゲームチェンジャーが数社存在する。

スウェーデンのスタートアップKlarna社は、今年の夏にWavyと呼ばれる独自のピアツーピア決済アプリを立ちあげ、フルバンキング・ライセンスを取得し、従来の銀行と真っ向から渡り合うことができる、数少ないフィンテック企業の1つとして突出する企業となった。

TechCrunchは、70万通の電子商取引サイトを運営する20億ドルのスタートアップとして紹介している。6月に、Visa社はKlarna社の株式を購入し、決済パートナーシップを提携すると発表した。Klarna社は今や、世界で最も有望なフィンテックの新興企業の1つであると広く認識されている。今ではストックホルム発の最大のユニコーン企業であるが、おそらく長くもたないだろう。

スウェーデンは歴史的に非常に強い技術プラットフォームを構築している。」と、ストックホルムに本社を置く仮想通貨取引所Safello社のCEOであるFrank Schuil氏が、International Business Timesに語る。「ストックホルムには多くのフィンテックに関するスタートアップが存在する。」

Stockholm Fintech Hubは1年足らずで、現在200以上の新興企業に加えて、IBMやMicrosoftのようないくつかのグローバル企業を代表するようになったと言われている。 Schuil氏は「ノルディック市場を見ていて最も興味深く感じることは、ブロックチェーンシステムのような特定の技術やマインドセットが人々に受け入れられれば、どれだけ早いスピードで発展できるかということである。」 「これが、私が今住んでいるストックホルムで目にしていることである。」と述べている。

スウェーデンではBitcoinの需要は、小規模ながらますます増加する一方である。 スウェーデンの中央銀行は、国家独自の仮想通貨を発行するメリットを検討しているところだ。 その間、Safello社は規制やユーザー慣習の点で、欧州のBitcoinのランドスケープが北アメリカよりはるかに多様であるため、「欧州のCoinbase」になることを目指している。Coinbaseはほぼ間違いなく、おそらく世界で最も潤沢な資金源をもつBitcoin取引所であり、すでに欧州全域で利用可能である。しかしSafello社は、異なる9言語のサポートなど欧州ユーザーのニーズに特化することで、他社との違いを際だたせている。

「どの国においても、わずかな仲介手数料がある。」とSchuil氏は言う。 各国は、独自の決済方法と電子政府IDを保有している。ドイツのバイヤーは地元のアプリを使用する一方で、フランス人はデビットカードとクレジットカードを使う。 PayPalはかなり人気な上いたるところで入手可能であるが、いまだ欧州全域で利用できるとはいえない。Schuil氏は「ひとつの決済方法にとらわれるのではなく、現地の決済方法を目にしてきた。」と言う。スウェーデンの取引所は、後で引き出すことができる資金を保留する代わりに、Bitcoinを直接ユーザー個人の口座に送金する。

Schuil氏は「これまでにSafello社は、数万人の欧州ユーザーを巻きこみ、1千万ドルの価値がある取引を促進してきた。」と語った。次にSafello社がめざすのは、企業向けのオプションの強化である。ターゲットは、ビジネスオーナー、個人、企業に所属するBitcoinバイヤーであり、より一貫性のあるユーザーエクスペリエンスを提供することである。 「すでに中小企業向けのビジネスを実施しており、これからは機関投資家向けに提供する予定である。」とSchuil氏は言う。「投資家たちが、彼らにとって参入が難しいあるいは不可能な市場に参入できるようにする。」銀行やその他従来の金融プレイヤーが仮想通貨の購入を手助けするということは、欧州のBitcoinユーザーに多大な影響を及ぼす可能性がある。 過去には、Klarnaは簡単で優しいBitcoin決済処理の可能性を示唆している。

Klarna社とSafello社だけが、人々とお金の関係性を全く変えてしまう可能性のある、スウェーデンの新興企業ではない。ストックホルムで活動しているスタートアップの中で、特にBiohax Internationalは目立っている。 Biohax CEOのJowan Osterlund氏はIBTに、「人の身体、主に手に通常3,000個のマイクロチップを移植しており、そのほとんどは過去1年間で埋め込まれたものだ。」「今、我々は世界中、南極大陸からの要請を受けている。」と話す。 このバイオハッキングサービスに対する需要は増しつつある。

これらのマイクロチップは、列車の切符や食品を購入するときに使用できる。 ウィスコンシン州のThree Square Marketでは、バイオハッキングされた手でスワイプすると、会社でスナックを購入することが可能であり、オフィス機器の職場IDとしても使用されている。 Osterlund氏は、マイクロチップインプラント経由での購入は、クレジットカードをスワイプするのと同じように、ほとんどの商人はピンコードや確認を入力する必要があるため、購入の際に偽造やアクシデントは発生しないと述べている。 彼はマイクロチップが物理的なお金の必要性を完全に取り除くことができると考えている。「われわれは人々が買い物するための新しい方法を発明している。」と語った。

スウェーデンはすでに、携帯電話の支払い、スワイプ可能なカード、および仮想通貨が紙にまさっている、キャッシュレスの社会が広がりつつある。 Biohaxのマイクロチップのようなバイオハッキング技術が、Bitcoinウォレットや他の分散型金融チャネルと同期できるならば、全く新しい可能性が世界に広がるだろう。 携帯電話やコンピュータを使わなくても、人々は仮想通貨を使用することができる。 オンラインで購入する際には、ユーザーは理論的には携帯電話を使用するが、スキャナをスワイプできる。モバイルアプリやプラスチックカードの枠を超えて、金融サービスへのアクセスが行われる一方で、脱税や個人情報の盗難がかなり難しくなる。 Osterlund氏は「オンラインペルソナ、デジタルペルソナの金庫のドアのようなものである。 石油プラスチックカードを時代遅れなものにしたいんだ。」と語った。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加