ブロックチェーンサミットで、Bitcoinとブロックチェーン技術を通して女性にエンパワーする意義について議論が展開される

ビットコイン

NECKER ISLAND, 英国領バージン諸島 - 30歳のアフガニスタン出身の女性、Roya Mahboob氏は、女性がブログやビデオをアップロードし、ブログやビデオが視聴されれば支払いがされるプラットフォームを「Women’s Annex」というスタートアップで運営している。

女性に給料を支払うことが必ずしも、財政面で女性に対する権限が与えられることにならないと気付いた。

 

アフガニスタンの法律では女性が銀行口座を持つことは違法ではないが、女性が銀行口座を持つことを家族は快く思わない。「ある女性のケースであるが、夫が常に彼女をたたき、彼女が稼いだお金をすべて彼女から取り上げた。」とMahboob氏はいう。Mahboob氏はBitcoinについて勉強し、労働の対価としてBitcoinを支払うことに決めた。

その後、暴力を受けた女性は「Bitcoinを貯め、それを後で売却し、そのお金で離婚に向けて弁護士を雇った。」という。Mahboob 氏は、2013年に世界で最も影響のある女性100人に選ばれたことがある。

この話は、Sir Richard Branson’s Necker諸島で開催された、China Credit Fintech、ベンチャーキャピタリストのBill Tai、Bitcoinの採掘及びブロックチェーンサービスを提供するBitfury Groupが協賛しているブロックチェーンサミットで先週末話題に上がった、パワフルなストーリーの1つである。テーマは「女性のエンパワーメントについて」。

参加者たちは、さまざまなアイディアを多面的に検討した。Mahboob氏が引き合いに出した例にインスパイアされ、Bitcoin、トークン及びブロックチェーン技術を利用して、開発途上国で活躍する女性たちに対してエンパワーすることが可能かどうかについて議論が展開された。女性たちにパブリックブロックチェーンを指導することが、女性のエンパワーメントにつながるかどうかについて熟考された。

さまざまな組織がより生産的になり、成功している。女性の開発者や採掘者を雇用することが、優れた結果を生み出し、女性軽視に対する歩み寄りにつながり、ここ3年間Bitcoinコミュニティが抱えている行き詰まりを解消することにつながるのではという意見もある。

つまり、Bitcoinの第二形態をつくったチェーンを分割し - ハードフォークになるという。

MIT Media Lab Digital Currency InitiativeのシニアアドバイザーMichael Caseyが参加した集会では、Ethereumのスマートコントラクトで記述する言語をコーディングする仕事を通して、堅実に働く女性のBitcoin開発者に資金調達する方法や、女性の開発者を増やす方法について議論が展開された。議論を開始するにあたって、参加者たちは分野における女性のエキスパートのリストを協力しながら作成した。

ブロックチェーンが、ファイナンス・インクルージョン及びアクセシビリティにおける大きなブレークスルーを引き起こす可能性があるにも関わらず、Bitcoin及び仮想通貨に関するジェンダー調査によると - 科学的でなく、奨励していない。

Coin.danceが調査した結果、GoogleAnalysticsによると、Bitcoinコミュニティーのエンゲージメントは男性は97.16%、女性は2.84% - 34:1の割合であることが判明した。

5月のトークンサミットに出席していた、ブロックチェーン技術リサーチ投資会社のCoinFundによる最新の調査によると、91.5%が男性であることが判明した。
彼女たちが直面している財政面における障壁を乗り越えるために技術が利用されることを望む人々にとっては、陰鬱な結果となった。

パネルで司会を務めていた米国務省の上級政策顧問であるAlison Grigones氏は、「世界の多くの地域で、女性たちは自分の財産を管理するために他の人に過度に依存している。」という。

「女性たちには、仕事で最大限に力を発揮する機会がめったになく、投資の決定をするのにも他の人の判断や指示を仰いでいる。また、女性が家族や配偶者の庇護を離れれば、法的な保証を受けることができる確証はどこにもない。」
ソリューションを議論するにあたって、パネリストである元ミズーリ州長官 であるRobin Carnahan氏によると、ブロックチェーンがベースになっている製品は、これらの問題を先制して解決するように設計されているという。
「私たちは、技術がCodingだけだと考えているが、技術的判断の際にも人生を左右する決定が伴う。例えば、彼女によると、ブロックチェーンベースの土地権利プロジェクトであるが、もし仮に夫と妻の名前を、それぞれの土地権利者として登録することが必要な場合はどうだろう?」「女性にとって、配偶者が死んだ場合には財産、クレジットへのアクセスを把握しておくことは必要である。」という。

ペルー人エコノミストHernando De Soto氏は、ペルーにおける土地権利プロジェクトが、いかに女性と子供に多大な影響を及ぼすのかについて説明している。MITでの研究によると、ペルー人の女性の28%が、彼らが所有している土地がとられないように、家に滞在する必要があるために働くことができなかった。ペルー議会が不動産の管理を女性たちに許可したことで、GDPと税額の合計が改善した。MITが調査した研究結果によると、女性の28%が仕事を得るだけでなく、子供のうち25%以上が学校に通うようになった。
「女性が、ペルーの領土のうち40%を管理している。今日では65%である。」とDe Sotoは言う。

Mahboob氏も、当局を説得するために、実利的なアプローチをとっている。「人権や女性の権利について話し始めると、当局は話を聞こうとしない。」という。「だから、女性のスキルや家族を良いものにするために、女性に対するエンパワーメントについて話している。」

そして、ストーリーをインスパイアすることは、傷つかない。

米国におけるロボットコンペティションに参加するために必要なビザの発行が拒否されたことで有名になったアフガンの少女たちのロボットチームは、Mahboobのデジタルシティズンファンドがスポンサーになっている。「アフガン人もアフガン政府も、このチームを認めたくないのだ。」再度ビザを申請するも、米国の大使館が彼らの申請を拒絶し、Mahboobは少女たちを誇りに思っているというステートメントを発表するよう、アフガン政府にかけあおうとしたが、拒否された。

トランプ大統領がこのビザを認めた後、「ビザの許可が下りた1時間後、大使が初めてアフガニスタンチームの存在を認識しているのを見て驚きました。」とMahboobは言った。「フライトで帰国する際に、前大統領Karzai氏及び内閣大臣のAbdullah Abdullah氏が少女たちとの面会を希望したという。いまや全員が少女たちのことを誇りに思っている。初めて、少女たちが団結し、人々に対して希望を抱く姿を見ることができた。」という。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加