ベネズエラの目玉Bitcoinの採掘

ビットコイン

ベネズエラでは、ワイマール共和国以来の最悪なハイパーインフレーションに悩まされている。

ビッグマックの値段は、およそ1カ月の賃金の半分に相当する。むしろ、食パンが不足し、バーガーをメニューから削除せざるをえなくなっている。年間インフレ率は、およそ1,600パーセントまで上昇している。生活風景では、長蛇の列、空っぽの棚、札束が積まれているキャッシャー: 古いニュース映画の1シーンを思い起こさせる。

生活していくために、数千人のベネズエラ人は仮想通貨のBitcoinの採掘 (minería)を行っている。ブロックチェーン(Bitcoinネットワークの巨大で、分散化された台帳のこと)に対してコンピューター処理をし、Bitcoinで報酬を得る。データクランチングパワーを提供し、多くのBitcoinを稼ぐために、人々は「Miner」という特別なコンピューターラックを運用している。採掘オペレーションが儲かるかどうかは、2つの要因に左右される。 - Bitcocinの市場価値 - 今年最高値を記録 - 及び電気料金が、強力なハードウェアの動力源として必要とされている。

わたしたちの身の回りにある電気に関しては、ベネズエラ人が困ることはない。Nicolás Maduro大統領の社会主義政権下では、電気料金は実質的に無料であり、非常に手厚く保証されている。複数のBitconを運用している人は、1カ月に500ドルですむ。今日のベネズエラにとって幸運なことに、おむつ、インシュリン、オンラインなど - 生活に必要不可欠なものを購入したり、4人家族で生活するには困らない。(ほとんどのネット小売業者がベネズエラに直接輸出していないが、フロリダを本拠地とするデリバリー・サービスの企業の中には、ベネズエラに輸出している企業もある。)

この状況下で、採掘者がATMのようなものを街中で見かけることになる。大学教授と大学生がBitcoinを採掘したと噂がある; 政治家と警察官もBitcoinを採掘しているという噂もある。仮想通貨は、採掘に携わらない人たちも耳にする用語となった: Peer-to-peerオンライン取引所では、(Venmo。取り扱い通貨は仮想通貨)小売業者から前・ミスベネズエラまで、誰でもBitcoinの売買をすることができる。

しかし最近では、Maduro大統領はインフレーションから利益を得る人々を「資本主義の寄生虫」と呼ぶなど、採掘業を取り締まることで、採掘に携わる人を政治上におけるスケープゴートにしようとしていることは明らかである。しかし、Bitcoinの取引は容認されている。Maduro大統領が、仮想通貨が数少ない、国を維持するために必要な要素の1つであると認識しているようにも思える。
ベネズエラには仮想通貨に関する法律が存在しないために、警察官は言いがかりをつけて、採掘者たちを逮捕している。警察が目を付けた最初のターゲットは、郵便局を営み、生活の足しとして採掘業を始めたJoel Padrón氏である。彼はエネルギー窃盗罪、禁制品の所持罪で14週間拘留された。それ以来、他のBitcoinに携わる人々も捕まり-腐敗している警察が個人的利益のために権利を行使することが多くなった。結果としてPadrón氏いわく
多くの人々が採掘をやめてしまったという。一方でブルックリンを拠点とするベネズエラのBitcoin取引所、SurBitcoinを経営するBlinkTradeの設立者、Rodrigo Souza氏は、「人々はまだまだ採掘業務に対する誘惑を断ち切ることができない。「人々は採掘をやめないだろう。」という。「採掘業は闇業務になってしまった。」

ベネズエラで最も才知に富む採掘者たちは、新しいインフレーションバスターズ: 仮想通貨Ether (ETH)に移行している。利益のマージンはBitcoinより高く、重要で、リスク要因もBitcoinより低い。「ETHの採掘ルールは、Bitocoinの採掘ルール: キャッシュ生成のために無料の電気を利用するルールとほぼ同じである。」と、あるベネズエラ人の採掘者はいう。「ETH採掘の方がより受け入れられやすい-無料のソフトウェアやビデオカードつきのPCがあれば採掘ができる。ETH採掘は一般のコンピューターで行われていると認識している馬鹿な警察官もいる。」

価値のないボリバル通貨が大量に印刷される一方で、採掘業務は継続され、電力網を利用して電子をドルに変換される。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加