Bitcoinの価値の上昇に伴う、Siacoinの代替性に注目が集まる

アルトコイン

誰もが次のBitcoinに相当する通貨を探している。

世界を変えるというだけではなく、数か月後には数千パーセントのリターンがある可能性が大きい通貨を探しだすことは、新しい通貨が発行され、市場に流通するほど簡単なことではない。

しかしそのことは大したことではない。 億万長者になる可能性について議論したいわけではない。ここでは、ブロックチェーン技術、分散化、あるいは世界の金融市場を混乱に陥れる小規模の集団がもたらす、深刻な影響について議論すべきである。大多数の人間が、誤っている考えや視点、理論に基づいて、当時の技術に投資をしている。

技術の愛好家であればあるほど、仮想通貨好きであることは当然のことである。しかし私は仮想通貨を一番に考えているわけではない。

世界の誰もが見ることができる台帳で公開されている、非公式に売買及び取引されている仮想通貨が、金融調節手段になるかもしれない。それは1ドルと0ドルの束にすぎず、ドルと同じ価値はない。 Bitcoinは、ドル、円、ユーロとは異なり、通常の通貨と同じように変動しない。通貨の価値は投機によって変動される。

ドル札は目に見える。しかし仮想通貨は現実に目にすることができず、触ることもできない。

ドル札と異なり、自分が制御できない事情ですべてを失ってしまう可能性がある。
ドルを所有している場合は、物理的に所有している人のみにリスクが伴う。仮想通貨を利用すると、取引所がハッキングされ(MT Gox参照)、一晩で価値が半分(あるいはそれ以上)に下落する可能性がある。一部の国では政府が使用を禁止したので、ドラッグディーラー、人身売買、いかがわしい人物だけが利用する通貨になってしまった。

仮想通貨の良い面が誇張されているせいで、その裏に隠されているものが何なのか気づかなかった。Bitcoinの場合、通貨は答えでなく質問である: 良い方法はあるのか?

少しだが、Siacoinを数枚所有している。Siaネットワークで取引を行うために利用されているトークンである。

より良いBitcoin

SiaはBitcoinをよりよくしたという願いから生まれた。共同設立者のDavid VorickとLuke Champineは、オリジナルを分析し、仮想通貨の第二波をもたらす2.0バージョンを開発するねらいがあった。

ところが彼らは失敗してしまった。

もっとよいBitcoinを作ろうと思ったのはいいものの、2人は技術に夢中になりすぎてしまった。 BitcoinがAltcoinのゴールド・スタンダードとして、彼らは仮想通貨のパイオニアとして、「良い」バージョンを作ることができるかどうか不安だった。しかしユニークなものを作ろうとするときには、オリジナルよりも改善されている高い付加価値があるものにする必要がある: 共同設立者たちははずれくじを引いた。

Bitcoinに強い感銘を受け、彼らは今回MITハッキングコンペティションで、新しいプロジェクトに参加することにした。VorickとChampineが作った現在の: ファイルストレージが世の中に出たきっかけは、2013年のコンペティションである。

ファイルストレージは、利用するにはもうひとつ決め手がない。もし分散化に関する分散化している成熟したマーケットを探しているのなら、見ない方がいい。

Amazonは、すべてのアカウントで、小売業界の巨人といえる。 しかしその小売店は、Web:AWSのうちおよそ50%を占め、別のAmazonが運用している製品の市場シェアという面では矮小である。

話をもどそう。Siaを理解するにあたり、ファイルホスティングの基礎を最初に理解する必要がある。

サーバーファームにおける問題

簡単に言うと、Webは世界中における何百万もの常時接続されたコンピュータをまとめたものである。それぞれがオンデマンドでファイルを格納し、ユーザーに提供する。インターネットユーザーがWebアドレスを入力すると、世界中のコンピュータがオーバードライブに入り、オンデマンドでイメージ、テキスト、ビデオ、およびオーディオを配信する。

これらのコンピュータ(サーバーとも呼ばれる)は大きなビジネスである。 そして、Amazonは、世界中で大規模なデータセンターを運営しており、データセンターとしては最大規模である。 インターネットの45%を稼動させることができる「サーバーファーム」とも呼ばれるデータセンターを運用することが容易でないことは想像に難くない。 サーバファームは膨大なフットプリントを消費し、これらの巨大ファームを構築、維持、保護、および電源供給するためには、多額の資金を必要とする。

Googleは、トルコの国と同じくらい多くのエネルギーを必要としている。

2015年に発生した。

代替エネルギーに移行することで、少し懸念は和らいだ。しかし、風力や太陽光に切り替える大企業をどうこう言う前に、エネルギー移行を決めたきっかけはコストも要因の一つであることを認識しておく必要がある。結局のところ、再生可能エネルギーは先行投資を考慮した上で、電力法案を実質的に無力化することによって、運用コストを大幅に削減した。

分散化は、グローバルな通貨市場を混乱させるほど影響があるものなのか?

一度に1つのデバイスを利用し、データストレージを混乱させる

Siaは、インターネットが大きくなるに従い、ファイルとホストする方法が最大のネックとなることが判明したことから生まれた。クラウドストレージは影響を軽減する一方で、新しいデータを保存する場所が不足していることが否めない。

問題があるように見える。しかし、世界のデータの92%が2012年以降に作られたものである。

VorickとChampineは、ファイルを保存する奇抜な方法を理論化し、サーバーを追加しなかった。代わりに、革新的な新しい企業、Sia、は私たちがすでに持っていたスマートフォン、タブレット、PCなど、デバイスに空のストレージスペースを利用していた。

Siaでは必ず全てのデバイスをサーバーに移行する必要があり、新しいサーバーファームを持つ必要はない。

家族の写真とビデオ、ドキュメント、MISCファイルには、クラウドに保存する必要のある5TBがある。リースを望んでいるデスクトップ、ラップトップ、携帯デバイスなど、5TBを持つ人もいる。

御存じのように、ストレージは安価である。コストの埋め合わせができる。3つのストレージプロバイダーを利用して、5TBを保存するときに(埋め合わせする)どのようにコストが崩壊するのか見てみよう。

上記の例を使って、空いているスペースをリースするために、他人とスマートコントラクトを締結することが可能である。デバイスを放置しておく(ゆえに、ファイルに常にアクセスすることができる。)報酬を支払う。億万長者になる可能性は低いが、スペースを使っていないことは間違いない… 何もまだ追加されていない状態である。取引しているSiaの3.5%とは別に、データの5TBをホストするために1カ月につき約15ドルを支払っている。

Aamzonで発見することを目指す

さて、地下に潜っているハッカーや、オンサイトで自身のサーバーを維持している中小企業を想像してみてほしい。ストレージのキャパシティが増加するにつれて、リースすることで利益が出る可能性がある。

しかしSiaのようなネットワークは、レンタル側とホスト側の両方のカスタマーに安心を提供することができる。Siaはこの問題を多地域の余剰分でこの問題に対処しており、それぞれのファイルが、30の異なるデバイスと同数のデバイスを分配している。それぞれのデバイスが、サーバーロードの一部であり、このピースは連続的なものであってはならない - 30ページの書類をアップロードした場合は、それぞれのホストが1ページを持っている必要はない; 1つのホストが30ページのうち10ワードあればいい。

また、これらのファイルは独自の鍵を利用して暗号化されている。Siaにも、ホストにもアクセスすることができない。もしAppleとFBIで実行される場合、Siaはサーバーにファイルをアップせざるを得ないが、技術面で不可能である - Siaで維持あるいは保存することはできず、ホストしている人のみがアクセスすることができる。もし準拠せざるを得ないなら、Sia(あるいはホスト)がファイルを転用することができ、当事者以外はアクセスすることができない。

Siaの次なるステップ

Siaは新しい通貨、Siacoinになった。
Siacoinは混乱をきたす。購入目的というよりむしろ、マーケットの不安定さを観察し、恐ろしいスピードで価値が下落する – SiaCoinは価値の変動を予想することができない通貨のひとつである。

人々がストレージスペースを売買する目的でスマートコントラクトを締結した結果、Siacoinはプラットフォームで受け入れられる唯一の通貨である。取引を決済する唯一の方法であるといえる。

ここで疑問が出てきた。 どうしてドルやユーロのような金額の通貨を使わないのだろう? どこからともなく硬貨を作り、単一のプラットフォーム上で商品やサービスを売買するためだけに仮想通貨を使用することに対して違和感を感じた。たとえばFacebookcoinを想像してみてほしい。

Vorickが、その疑問を解消してくれた。

真に分散されたネットワークを持つことはできず、金額の通貨に依存することはできない。 クレジットカードで処理される通常の取引には、ネットワークの破損点(クレジットカードプロセッサ)と中央集権化(政府が通貨を担保している状態)が伴う。 だから、ドル、ユーロなどは無用なものになる。

LitecoinやEthereumのようなBitcoinや他の仮想通貨が残るが、これも理想的ではない。

Siaのようなネットワークが繁栄するためには、運用におけるそれぞれのフェーズで、インセンティブを提供する必要がある。例えば採掘者が計算筋を提供する。ネットワークを操作しようとしているハッカーからSiaのブロックチェーンを守るには、Siacoinで支払う報酬と引き換えに、複雑な数学的方程式を解く驚異的な計算能力が必要とされる。

そして、私たちはホストと賃借を持っている。どちらもスマートコントラクトを締結する際に、支払手段としてSiacoinを使用する。

ネットワーク全体で同じ通貨を利用することで、どのように動作するかをより詳細に制御することが可能になる。例えば、EthereumとBitcoinのネットワークの減速は、コア開発チームが取り組むべき問題である。長い議論や1つの通貨を2つに分割するフォークは必要とされていない。

Siaは本質的に、通貨の将来についての決定をコントロールしている。これは、仮想通貨の支持者を疎外してしまう可能性がある。しかし、この動きは必要なものであると思う。

Bitcoinは、その性質上まさに非効率性を伴う。 ネットワークが低迷し、セキュリティと消費者の実行可能性に関する懸念が緩和される一方で、あたかも仮説的であるかのように、ネットワークが議論されている現実の問題に沿って進んでいる。

最終的に、Bitcoinが2つの通貨に分割された先月のフォークをもたらした。Bit coinとBitcoin Cashである。

Siaは、独自のAlt通貨のコントロールを維持することで、民主的な決定を方程式から取り除く。 それは、スペースの不足という面で、他の主要プレーヤーが不足していることを敏捷性で補う。より良い方法があれば、Siaはその良い方法に取り組むことができる。

結局のところ、SiacoinはSia方程式の一部にすぎない。 そして、通貨を支える会社として、一定のレベルのコントロールを維持することは、大変意味があるものだと思う。

VorickはSiacoinについて議論することを好まない。しかし、 彼が見ているコインは気を散らすもので、本当のゲームチェンジャーになる企業についての会話に人工的なものをもたらす方法である。

Vorickによると、チームにはSiacoinで目指している価値を特に設定していないことは驚くべきことではない。 SiacoinにBitcoinのようなブームを期待していない。Ethereumに言及しているだけでなく、潜在的な問題について話しているわけでもない。

しかし、彼は年末までに100万ドル以上の100,000件のファイル契約を、同社の中核製品Siaと合わせることを望んでいる。

Siaはユーザー間のファイル共有、ビデオストリーミング、独自の次世代コンテンツ配信ネットワークの構築などの新機能を発表して以来、同社は今後2年間で2017年に10〜40倍の目標を達成することを望んでいる。

Dropboxは、少なくとも今のところ理想的なライバルである。しかし、同社はより大きな目標を念頭に置いている。 Siaは、消費者向けのアプリケーションを構築する代わりに、Dropboxのような企業がSiaネットワーク上でのホスティングを支持してバックエンドのストレージを落としたいと考えている。Siaは、次世代のDropboxを構築するのではなく、開発者が消費者向けのアプリケーションを構築できるようにする一方で、Powerboxのパワーポイントを構築したいと考えている。

それは魅力的な選択である。 Siaは、現在の市場金利と比較した場合、実質的に無制限の金額のペニーの保管額を提供することができる。 それは、Amazonの提供するS3プラットフォームと同じ(しばしばより良い)機能を提供しながら、競合することが可能になる

利益をおしはかることで、Vorickの目標はぐっと実現する可能性が大きくなる。 実際に、彼はDropboxのような会社に対して推し測ることで、プラットフォームのパワーをアンダーシュートしているかもしれない。

実際問題、AmazonのS3プラットフォームの正当な競争相手であり、現在市場に出回っている。 Vorick氏は、覇権争いのためにジェフ・ベゾスと交えるつもりはないが、比較の対象となるであろう。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加