【現代流行りの仮想通貨とは?】日本3大取引所とは?

仮想通貨

現代は仮想通貨ブームです。仮想通貨とは「インターネット上でやりとりを行う通貨」です。

過疎通貨とは、実際のお金とは違って「形が無い」というのが特徴なので「デジタル通過」「暗号通貨」とも呼ばれています、
そして、仮想通貨は中央銀行や金融機関などを経由しないで取引できるので、送金や手数料を少なく済ませる事が出来ます。
ちなみに、仮想通貨は「取引所」を介して購入するのが一般的です。取引所を介する事によって「仮想通貨を保管してくれる」「仮想通貨の適切な相場が分かるようになる」というメリットがあります。それでは、どこの取引所を使えば良いのか?
日本には、仮想通貨の3大取引所がありまして、それが「zaif」「coincheck」「bitflyer」です。それぞれの取引所にはメリットとデメリットがあるので、ご紹介します。

【zaif】

zaifは「当初より数年間は利益なしにビットコインのインフラ整備に尽力をするというビジネスプランを前提にする」という理念を持っている取引所です。

『zaifのメリット』

zaifのメリット1つ目は「取引手数料がマイナス」という点です。zaifではビットコインとモナーコインの現物取引によって生じる手数料は「-0.01%」になっています。
手数料がマイナスなので、取引をするとお金を払うどころか、お金が貰えてしまう仕組みになっています。
zaifのメリット2つ目は「積立投資が出来る」という点です。積立投資とは、自動で毎月一定額の金額を銀行口座から落としてくれて、仮想通貨を購入してくれるというものです。
これを使えば、わざわざ仮想通貨を購入する手間が省けます。

『zaifのデメリット』

zaifのデメリットは「サーバーが不安手になりがち」という点です。zaifはサーバーが不安定になる事が多く、よくサイトにログイン出来なくなることがあります。
しかし、この現状をzaif側はしっかりと認知していて、今後対策をしていく事を明言しています。

【coincheck】

coincheckは他の取引所よりもいち早く、ビットコインの信用取引を行った取引所です。

『coincheckのメリット』

coincheckのメリット1つ目は「取り扱っている通貨が多い」という点です。coincheckで取り扱っている通貨は「13種類」もあるので、ビットコイン以外の仮想通貨「アルトコイン」にも興味がある人は、coincheckを使うのをオススメします。
coincheckのメリット2つ目は「不正出金の損失を100万円まで払ってくれる」という点です。なりすまし被害などで損失を被ってしまった場合でも、最大100万円まで損失額を出してくれるのはありがたいです。
bitflyerは最大「500万円」まで損失を補償してくれますが、bitflyerは「日本円」の損失にしか対応していないです。しかし、coincheckは「日本円」「仮想通貨」の損失にも対応しています。

『coincheckのデメリット』

coincheckのデメリットは「レバレッジが低め」という点です。レバレッジとは簡単に言いますと「何倍まで取引出来るか」というもので、例を挙げますと、レバレッジが2倍で口座に10万円あったら最大で20万円の取引が出来るという事になります。
coincheckのレバレッジは「最大5倍」zaifは「最大7.77倍」bitflyerは「最大15倍」なので、coincheckのレバレッジは結構低めです。

【bitflyer】

bitflyerは日本最大のビットコイン取引所です。

『bitflyerのメリット』

bitflyerのメリット1つ目は「資本金が多い」という点です。bitflyerには「三菱UFJキャピタル」「リクルート」「GMO」などの大手企業が出資をしているので、大手企業が株主についている事でコチラも安心してbitflyerを使えます。
メリット2つ目は「二段階認証」を採用している点です。仮想通貨はデータを乗っ取られてしまったら大損害を被ってしまいます。それを防ぐ為に、bitflyerでは「ログインパスワード」「確認コード」の2つの二段階認証を採用しています。
メリット3つ目は「ビットコインの最大取引所」という点です。ビットコインは今ノリに乗っている仮想通貨です。
bitflyerでのアカウント同士だとビットコインの送金は一瞬で終わるようになるので、ビットコインに興味がある人はbitlfyerがとてもオススメです。
メリット4つ目は「登録が簡単」という点です。bitflyerの登録は「メールアドレス」と「パスワード」のみで完了するので、すぐに使用できるようになります。

『bitflyerのデメリット』

bitflyerのデメリットは「取り扱っている通貨が少ない」という点です。bitflyerで取り扱っている通貨は「ビットコイン」「日本円」「イーサリアム」の3つしか無いので、他の取引所と比べて少なめです。

【まとめ】

このように、3大取引所にはそれぞれメリット・デメリットがあります。
自分に合いそうな取引所を選ぶ事で、スムーズに仮想通貨の取引が出来るようになっていきます。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加