今日のテーマ:仮想通貨

やさしい仮想通貨講座

仮想通貨バブルって言われる一方,仮想通貨は危ないという意見もある。

ここで元に戻って,仮想通貨ってそもそも,何なのかを,ビットコインを例にとって考えてみよう。

仮想通貨って一体誰がどうやって始めたの?

2008 年に Satoshi Nakamoto(ナカモト・サトシ)と署名された「Bitcoin: A Peer-to-PeerElectronic Cash System 」という論文が metzdowd.com の中のメーリングリストに投稿された。

日本人なの?

特定する試みもなされたけれど,現在でも,特定されていない。個人なのか。グループかも不明。もちろん日本人とも特定されていない。ともかく,この論文を読んだ研究者や
プログラマーたち有志で,今や仮想通貨の代名詞ともいうべきビットコインのプログラムが開発され運用開始されたのが2009年であった。
集中管理していない論文の題名を無理を承知で超簡単に訳すと「仲間同士の電子現金システム」とでも訳せ
るかも知れない。リアルな通貨,日本円,ドル,ユーロ,人民元,すべて各国の中央銀行が発行して管理している。一万円札だって,日銀が発行しているから安心して使える。
ところが,仮想通貨には通貨を発行したり,統制する中央管理者がいない。これが最大の違いと言えるだろう。
そのようなものが安心して使えるのだろうか?

1.分散管理

ビットコインは、中央管理を行わない代わりに、ネットワークを利用して通貨を管理する仕組みとなっている。新しい通貨発行や、取引の詳細情報のそのすべてがコンピューターネットワーク上に分散保存される。
それって危なくない?データが分散されて保存されていたら、取引記録に食い違いが発生してしまいそうで心配になるよね?
ところが大丈夫。ビットコインで行われたすべての取引記録を記載した1つの大きな取引台帳がネットワーク上に分散して存在しているのだ。
2.安全保持システム
ビットコインでは、一定時間ごとに、すべての取引記録がコンピューターによる計算で整合性を取りながら取引台帳に正確に記録されてゆく。整合性を取る作業には膨大な計算量が必要となるけど,ビットコインでは、有志の余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い、みんなで共有する 1 つの大きな取引台帳に新しい取引の追記を次から次に行っている。
誰かが勝手に仮想通貨を発行して一人だけ大金持ちになったりしないの?
記帳されていない仮想通貨が出現したりすると、不正な手段で入手・作成したものと直ぐにバレてしまう。そんな技術に裏付けられているから、ビットコインが信用されているのです。

 大変な作業だね?

でも特典があるんだ。この追記作業の手伝いをしてくれた人,追記作業のために膨大な計算処理をし追記処理を無事成功させた人には,新たにビットコインが報酬として発行され支払われる仕組みとなっている。これがマイニング。ビットコインの新規発行は、この採掘(マイニング)を通じてしか行われない。コンピューターの計算能力を使って,日夜採掘(マイニング)をビジネスとしておこなう人たちが世界中に存在する。このようにしてビットコインの安全性が保証されている。

マイニングで無制限にビットコインが発行され,大金持ちになってしまうということにならないの?

ビットコインの発行総量は、2140 年までに 2,100 万 Bitcoin と事前に決められており,それ以降は新規に発行されることがない。更に採掘(マイニング)による新貨発行量も調整されている。更には,マイニング報酬も,次第に半減してゆくことがプロトコルに組み込まれている。
中央銀行が発行し,金利も決めるなど,言わば国の保証があるので,円やドルなどを安心して使えるわけだけれども,ビットコインにも安全なシステムが組み込まれ,統制されているということになるね。

3.送金・決済の手軽さ

仮想通貨の良いところは送金にある。50 万円をドルに替えて日本の大手銀行から米国に送金すると、送金手数料 6,000 円、為替マージン 5,000 円、受取手数料 1,000 円程度がかかって合計 12,000 円引かれるようなことになる。仮想通貨の場合だと、ほぼ手数料はかからない!送金も瞬時におこなわれ,世界中どこでもインターネットに繋がっていれば簡単に取引できる。受け取った側もインターネット上ですぐに確認が取れるから、わざわざ銀行に行ってお金を引き出すという手間もない。海外旅行に行くと,これまでは円をドルに
交換しないといけなかったけれど,仮想通貨をお金として使える店も増えている。日本でもビックカメラの一部の店舗でもビットコイン決済が可能となっている。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加