取引所バイナンス!中国マネーは、世界1位となっています。

中国

投資と言えば、どんなことを思いつきますか ?

最近は、仮想通貨による取引が盛んとなり株式や通貨(円、ドル、ユーロ)などと肩を並べるくらいの人気ぶりです。仮想通貨は、これからの将来貨幣、紙幣を無くしデジタル化になるのではないかと空想などがでそうな勢いです。

今伸び盛りの仮想通貨取引所 バイナンス。

2017年に中国で開設された。もちろんスタッフは中国人。ただ、中国人と言うとテレビなどでもあまりいいというイメージはありませんがマネーが動く世界そんなことは言ってられません。
2017年12月には、世界最大取引所となりなんと日本語対応があると日本人にとってうれしい限りです。
ポロニエックスビットレックスなども人気があるが手数料の安さを考えるとバイナンスなどの安い方が得た分高い手数料は払いたくありませんよね。

2018年に、登録者数が1日で25万人の日もあったという。ただこれ以上の出金あるなら
制限が起こり出せなくなる可能性が起こり得ます。

手数料の他にも人気の理由

インターネットでも全ての情報がひとつのパソコンの画面の中に入り外出していても見られます。最近の機器でスマホにも対応しいつでもどこでも取引ができるということです。ただ困るのは文字が小さいと言う事で老眼鏡をかけている私には見えない事だ。

手数料もBNBを購入していれば手数料も安く済み通常の0.1%が0.05%になると言う。
BNBを使えば5/1とい安さで取引には余分に取られずに最適である。
やはり人気が出ると職員対応が大変と言っているらしい入場制限ではないが制限が加わるので注意し対応してほしい。
バイナンスの取引量は世界で5本指に入る。24時間の取引量は現在、世界1である。
確かに日本語あり取引所も日本にあるにせよセキュリティ―は厳重と言う。
バイナンスもICOを手掛けるという。ICOとは、initial Coin Offeringの略である。企業が独自のコインを発行する。出資車を募り資金調達である。株とかわらないかもしれない。
コインを発行した企業は、4倍物収入があると言われる。

バイナンスの人気は、手数料の安さや最新の電子機器だけではない。
やはり運営側の人気も必要と思われる。CEOのChangpeng Zhaoは、中国大手取引所、最高技術責任者、ブロックチェーンの最高責任者。などを歴任してきた。
確かに中国のイメージは現在最悪く中国での取引にはリスクが付き物かもしれないが、中国は貧富の差が激しい時代もあった。
そんな中でこれだけの経歴をもちビジネスに参加してきたわけであるからそれなりのアイディアマンとも言える。

まとめ

中国と言えば、貧富の差が激しく人間も教育を受けていない物がお金持ちとなり好き勝手な事を日本で観光にきてとんでもない事を起こす騒ぎだ。だが、バイナンスのCEOは違った。世界1の仮想通貨所を設立した。まだまだ仮想通貨は伸びている中、共通語だけでなく日本人にも対応できるサービスなどを考えて日本語対応を考えてくれた。
ありがたい事だが、日本にそれだけの金があるかが問題だ。

バイナンスはこちらから

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加