ICO とDAICO

daico

1. ICO

「ICO」は「Initial Coin Offering」の略で「仮想通貨による資金調達」のこと。仮想通貨イーサリアムも ICO 後にトークン価格が数十倍に上昇しており,トークン価格が 2 倍以上になる ICO 案件も続出しているなど,株式市場よりも、仮想通貨市場の時価総額の伸びしろが大きいことなどから,新しい資金調達方法として注目されている。
IPO(新規公開株)との違い IPO(新規公開株)との違い IPO(新規公開株)との違い IPO(新規公開株)との違い

企業が一般から資金を集める方法として,これ迄は新規公開株の発行が一般的であった。新規公開株発行が成功するためには,証券会社との交渉から始まり,事業が社会的意義が大きく,しかも将来性があると投資家にアピール出来るよう,目論見書作成等の膨大な事務作業が必要となる。これに対しICO では,ホワイトペーパーと呼ばれる一種の事業計画書を作成するのみで事足りる。またIPOでは投資家(=株主)はしかも集めた資金によるプロジェクトが予定通りに進んでいるのか,投資した資金が無駄に使われていないかなど,細かくチェックされ,株主総会の議決権行使を通じて,投資先の経営に対し大きな影響力が行使されることもある。ICO ではトークンの所有者に過ぎないため、原則として経営に対する影響力はない。

2、クラウドファンディングとの違い クラウドファンディングとの違い

クラウドファンディングとの違い クラウドファンディングとの違い
クラウドファンディングは一度プロジェクトの目的を達成できたらイノベーターと投資家の関係はそこで終了する。但し投資家にはトークン(企業独自の仮想通貨)があるためプロジェクトによって生まれたモノ・サービスをトークンで購入し消費することができたり、他の仮想通貨と交換することが出来る。

2. DAICO

ICOは,昨今の仮想通貨バブルに便乗した安易な集金方法である反面,投資側も,企業やイノベーターの主旨に賛同したり,事業の将来性に期待してというよりは,単純にトークンの値上がりに期待して投資する(投機目的)傾向があり,事業の進行状況や財務状態を厳しく監視する意識が薄れがちになってしまう危険性を伴う。

クラウドファンディングや新規公開株よりも簡便,スピーディーで且つ自由度の大きいICOであるが,ICOで資金を調達したにも関わらず事業を途中で断念したり、始めから真面目に事業をする気などなかったりする案件も存在するなどしたため,各国は禁止や規制の方向に舵を切りつつある。

このような状況の打開するために、イーサリアムの共同創始者の一人ヴィタリック・ブテリン氏が、新しい ICO の仕組み DAICO(非中央集権で自立型の組織を意味する「DAO」と「ICO」を掛け合わせたもの)を提唱した。眼目は,TAP という装置の導入にある。

(以下イーサリアムを例に説明)企業が資金調達をしたい場合、プロジェクト内容とトークンをイーサリアムブロックチェーン上に登録し公開。一方投資家は、イーサリアムを送金することによりトークンを購入。企業はトークン発行枚数や金額、販売期間などを自由に設定できるものの,プロジェクトを推進している企業に,ブロックチェーン上に集まったイーサリアムを自由に使える権限はない。DAICO では、TAP(=1 秒間に引き出す事が出来る金額。「蛇口」の意)という仕組みがあり、企業は TAP に従った金額しか引き出すことが出来ない。TAP の決定権は,トークンを購入した投資家(トークン保持者)にあり,企業側には TAP 引き下げの権限しか与えられていない。

一方投資家は,事業計画通りにプロジェクトが進行しているか,集めた資金の無駄使いをしていないかなどを注意深く見守り,定期的に投票を行い企業にインセンティブを与え開発を促進させるため TAP の引き上げするか,プロジェクトの閉鎖を決定するか投票によって決める権限が与えられているので,企業は、ロードマップに従って開発を進め、トークン保持者に TAPの引き上げを認めてもらうように努力しなければならない。

それでも,プロジェクトが順調に進んでいるかをチェックした結果、プロジェクトの将来性に期待が持てないと判断した際は、投資家(トークン保持者)は、プロジェクトを閉鎖することができる。そのような場合,投資家は,調達した金額を全て企業が回収する前に、ブロックチェーン上に残っている

イーサリアム分だけ回収することが出来る。詐欺 ICO だった場合やプロジェクト運営者が途中で不正を始めた場合にも、トークン保持者(投資家)は,直ぐにプロジェクトを閉鎖することが出来る。
不正なユーザーが投票で 51%攻撃を仕掛け TAP を引き上げてしまった場合、プロジェクト運営側は、自主的に TAP を引き下げ,不正なプロジェクトと思われないように、正規の状態に調整することができるので,セキュリティの面においても DAICO は優れていると言えよう。

このように DAICO は ICO の暴走をけん制し,事業家と投資家側の正常な関係を築くための手法として注目されている。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加