追証なし100倍レバレッジBitMEXの特徴は?

ビットコインFX

BitMEXはビットコインで売買されるレバレッジ商品を取り扱うP2P(ピアツーピア)ベースのトレーディングプラットフォームです。

取り扱っている仮想通貨はビットコインのみとなっており、アルトコイン契約を売買した時でも損益はビットコイン建てとなっています。

BitMEXは大きな特徴として高額のレバレッジ取引ができるのが大きな特徴で、海外の取引所ですが、日本語の表示に対応してくれているために、これからBitMEXで取引をしたい方には始めやすい環境となっています。

レバレッジは最大100倍設定可能

レバレッジと言うとFX(外国為替証拠金取引)で取引する事を連想しがちですが、BitMEXにおいてはビットコイン建てにてレバレッジ取引する事が可能です。

レバレッジは自分で設定することができ、最大100倍まで設定し取引する事が可能です。

FXでは日本で高レバレッジを制限する流れが出て来ている中、BitMEXは100倍でのビットコイン建ての取引ができるために高レバレッジで一獲千金を狙うトレーダーにとっては相性がいいプラットフォームと言えるでしょう。

最高100倍でレバレッジ取引ができることから数百円で始めることも可能です。

ロスカットはオーダーによってまちまちですが、基本は50%となっています。

アルトコインレバレッジ取引が可能

アルトコインのレバレッジ取引も可能です。対応しているコインは、ビットコインキャッシュ、ダッシュ、イーサ、イーサクラシック、ライトコイン、モネロ、リップル、テゾス、ジーキャッシュとなっています。

アルトコインのレバレッジの場合、ビットコインのように100倍ではなく、通貨毎に2倍から33倍となっています。

日本の取引所でアルトコインでのレバレッジ取引がないこともあり、変動幅が大きいビットコインでなく、小規模で変動するアルトコインでレバレッジ取引をしたい方にとって適していると言えます。

手数料がとても安い

BitMEXはスプレッドが狭いために比較的少ない手数料で取引をすることができます。

スプレッド幅は流動性も高いために約0.1$の間でおさまっており、取引所にでは優秀と言えます。

本人確認の必要が無い

国内で取引をする場合には口座開設の時、免許証など本人確認と認証コードの受け取りが必要ですが、BitMEXでは本人確認の必要がありません。

あえて必要な事と言えば、ビットコインの入出金を行なうためにメールアドレスが必要と言えます。

しかし、最近国ごとに身分証を義務付けする流れもあるために口座開設する時には改めて確認が必要と言えます。

コールドマルチサインウォレットを採用

BitMEXはコールドマルチサインウォレットを採用する事でハッキングによる被害を抑えるセキュリティ対策も万全です。

コールドマルチサインウォレットはコールドウォレットとマルチシグネチャとの造語で、それぞれのメリットを組み合わせています。

コールドウォレットは、秘密鍵をオンライン上に置かない、つまりネットワークから隔離し厳重に秘密鍵を管理する状態で、マルチシグネチャは管理する秘密鍵は少ない方が安全としつつも1つだと盗難された際に取り返しがつかないこともあるために3~5つ程度の秘密鍵を分散管理することで2~3つを運用しながら利用するようにしています。

コインチェックでのハッキング被害によりセキュリティの重要さを認識しつつもコスト面をなるべく抑えたいこともあり、仮想通貨取引においてはコストはかさみますが、注目されているウォレット管理の方法となっています。

トランザクション処理が2~3倍に膨れることでコストも上がってしまい、それでもユーザに対し手数料を抑えることをしているために、BitMEXはユーザ向きであることから、人気が上がってきています。

BitMEXのまとめ

BitMEXはトレード環境が整っているため、レバレッジ取引をしやすいと言えるでしょう。
ビットコイン建てでなくアルトコインでのレバレッジ取引はユーザとしては取引の選択が広がるためにいろいろ試すにもいいと言えます。

レバレッジ設定が100倍までできることからユーザとしては取引における管理能力が必須とも言えるでしょう。

 

こちらからBitmexに登録いただければ6ヶ月間手数料が10%offになります。

↓↓↓

 

質問はLINE@にて受けつけております。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加