取引高について買う、売るの判断の基準について(アルトコインの取引高)

アルトコイン

ビットコインだけに限らずアルトコインがどれくらい売り買いをしているか取引高を見ることで、そのアルトコインにマーケットが注目が注がているのかがわかります。

最近ICOによるプレセールが多く行なわれているアルトコインですが、多すぎるために購入する際には詐欺コインを見分けるために事前の知識が必要です。

その後、取引高を見ることでアルトコインの将来性があるのか確認できるために慌てずにまず知識を得るようにしていきましょう。

 

取引高を見るサイト

アルトコインがどれくらい取引をしているのか見るサイトとしてよく知られているサイトとして、クリプトカレンシーマーケットがあります。

Cryptocurrency Market Capitalizations
https://coinmarketcap.com/

アルトコインを成長させようとしているのであれば、アルトコインのサイトにてロードマップが記載されており、そこにクリプトカレンシーマーケットに登録するかをチェックしましょう。

詐欺コインはただ資金調達をするために同サイトに登録をしません。

もちろん登録してもその後アルトコインとして役割をしないく、価値が全然つかないアルトコインもあります。

まずクリプトカレンシーマーケットに購入しようとするアルトコインを記載されているか新しいのであれば、記載されていくかをチェックします。

上位100位以上かをチェック

クリプトカレンシーマーケットにはアルトコインが1000種類以上登録されている事から、記載されていれば購入した方がいいのかと言えば、そうでもなくさらに注意が必要と言えます。

長期でアルトコインを保有したいのであれば、その分取引高があるかをチェックする必要があります。

取引高が高ければ人々が関わっていることがわかるからです。

取引高はCirculating Supplyの欄と、24時間の取引高を示しているVolumeを見るようにします。

それが上位に来ていれば、その分売買をしているために人々が注目しているのがわかり、その裏では何か将来性のあることがささやかれているのか、それとも人々が期待している何かイベントが近いのかがわかります。

注意すべきことはアルトコイン市場に何かイベントがあれば、高騰する事もあれば、下落することもあるためチャートが何か大きな変化をしようものなら、ネットからその情報を調べるようにしましょう。

取引高多いアルトコインは安心感がありますが、ネガティブなイベントがあれば急激に下落する可能性があるために注意をしておく必要があります。

情報が大切

チャートによるテクニカルで売買を考える方もおられますが、アルトコインは円やドルなどの法定通貨より変動が激しいために利益確定したいと思ったとしても売るタイミングを逃すこともあります。

そうならないためにもアルトコインがどこかの企業で採用するかと言う情報をいち早くキャッチするようにしましょう。

ステラと言うアルトコインを例に挙げると、ステラはIBMで使う事が報道されてから、今まで低い時価総額であったのが一気に購入する方が増えてきたために時価総額が増えていきました。

その後は取引高が活発になってこともあり、購入、売却する場合にはチャートを見るだけでなく、情報も必要と言えます。

まとめ

アルトコインの売買について以下のことが言えます。

1. クリプトマーケット カレンシーマーケットに記載されているか
2. 上位100以内のアルトコインをなるべく使う
3. 売買のタイミングはチャートの流れと情報

これらのことを気を付けることで大きな損失などを避けて安定的に取引することができます。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加