仮想通貨ウォレットもにゃについて

ウォレット

もにゃはモナコインウォレットとして知られていますが、今後様々な機能を追加する予定にもなっています。

そんなもにゃの特徴についてお伝えします。

複数の通貨に対応

もにゃはモナコインだけに限らず、ビットコインやビットコインキャッシュ、最近注目されているBitZenyにも対応しています。

最新のセグウィットにも対応している事からビットコインで問題となっていたスケーラビリティ問題も解決しています。

MonapartyなどのCounterparty系の通貨にも対応している為に多様なカスタマイズができるようにもなっています。

 

セキュリティ重視しているウォレット

最近仮想通貨で話題となっているセキュリティ面において、もにゃは管理のための秘密鍵を端末内のみに保持している事からネットワーク上に置き続けていないためにハッキングリスクを少なくしています。

つまりオンラインウォレットよりもセキュリティが断然高いために、モナコインだけでもにゃを使う以外にもビットコインなどのメジャーな仮想通貨を保管するにも適しています。

バックアップ方法も充実しており、BIP44 HDウォレットに対応しています。

HDウォレットのメリットは自分でウォレットを保有している間隔であるために、ネット上においているわけではないため、セキュリティが高いですが、デメリットとしてスマホを紛失した場合には保有している仮想通貨はすべて凍結してしまうことや誰かに知られた場合には、関連した仮想通貨はすべて盗まれると言うような面があります。

 

ZaifPaymentともにゃが連携できる

仮想通貨取引所であるZaifのPayment機能がモナコインに対応している事で、店舗でモナコインを決済機能として導入することができます。

もにゃのウォレットを使って、ZaifPaymentメニューの項目をONにし、APIキーとシークレットキーを入力する事でお店で簡単にモナコイン決済を導入することができます。

使う側としてはモナコインだけでなく、他の仮想通貨も利用できるために自分が持っている仮想通貨をもにゃを通して対応しているお店にて決済することができます。

スマホでも自分のお金と思う事が大事

スマホに専用のもにゃのアプリをインストールすることでもにゃを使うことができますが、スマホを紛失した場合は保有している仮想通貨を紛失してしまう事にもなるために自身で管理しておく意識が必要となります。

お財布と同じ感覚で捉える必要があり、仮想通貨も抜き取られる可能性があるために保有しておく量には注意が必要と言えます。

もにゃのまとめ

もにゃはセキュリティが高く、便利な面がありつつも、スマホが紛失した場合には自己責任になります。

モナコインを手軽にどこにでも使いたいと考えている方にとってはとても便利であるためにお勧めウォレットと言えます。

 

もにゃはこちらから

 

 

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加