旧PACコインから新$PACコインのハードフォークによる移行方法

POS

PACコインがハードフォークすることで$PACコインへとなります。

新しい$PACコインに移行する前に$PACコインの注意点にて知っておく必要があります。

まずDASHで使われているアルゴリズム、X11を使うために以前のPACコインで使われてたSHA256とは全く違うものになります。

SHA256はビットコインで使われているアルゴリズムで、POSにおいてはマスターノードへと変更となりました。

マスターノードはダッシュで使われてる機能で一定の保有量により報酬としてコインがもらえる仕組みになっています。

$PACコインのマスターノードをする場合には最低50万枚必要となっています。

$PACコインへの移行方法

$PACコインは別物である事を理解した上で、移行するには多少手間がかかることになります。

移行手順書(公式)

http://download.paccoin.net/Paccoin_Redemption_Instructions.pdf

移行手順は次の手順となります。
①Redemption wallet(償還ウォレット)をダウンロードします。

公式サイトからダウンロードします。

PACコイン ウォレット
https://wallets.paccoin.net/

ダウンロードする時にウォレットのバージョンで日付の指定としてPAC償還におすすめする日付をも教えてくれます。

②旧PACコインのデスクトップウォレットを閉じるようにしましょう。

③償還ウォレットをインストールし立ち上げるようにしましょう。

ダウンロードしたファイルは「PacCoin.exe」となっています。

その時データフォルダは旧PACコインと同じフォルダを使いますが空き容量が6GB近く必要である事からハードディスクの空き容量には事前にチェックしておきましょう。

④新規での$PACウォレットをダウンロードして立ち上げます。

右上に「NEW $PAC WALLET」と黄色い枠があるので、そこからダウンロードします。

ダウンロードする時にはMirror#1とMirror#2と書かれており、意味としてはミラーサイトの事を指していますが、どちらでも構いません。

PAC_Core.zipファイルがダウンロードされるので解凍します。

起動すると警告のような画面が現われますが、とにかく同期しているまで待つと言う意味であるためにそのまま待つようにします。

これは3月1日以降での話ですが、ウォレットの左サイドバーの受信をクリックし、「支払いをリクエストする」をクリックします。

その後ウォレットアドレスが表示されるので、「アドレスをコピーする」ボタンを押すことで、クリップボードにコピーされます。

⑤Request Paymentボタンを押して新ウォレットアドレスを表示します

先程コピーしたウォレットのコピーを「Transaction comment field」に貼り付けます。

送信先アドレスの「Pay to」には手順書には曜日毎にアドレスが違うために曜日毎のアドレスをセットするようにします。

⑥償還ウォレットから$PACウォレットに送金します

曜日によっては送金アドレスを変更しないといけないなど複雑な条件があるために送金が上手くいかない可能性があることも理解しておきましょう。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加