DEX型取引所とは?

取引所

DEXとは分散型取引所の事を指し、中央管理者となっている取引業者がいなくても仮想通貨取引が可能です。

DEX型取引所について詳しくお伝えします。

中央集権型の取引所

既存の仮想通貨取引所はほとんど中央集権型の取引所で、日本国内においてはビットフライナーやコインチェックなどが有名です。

中央集権型の取引所は現状、取引量がとても多いのですが、秘密鍵の管理を取引所に委任する形となっているために、内部の人間が顧客の資金を不正に引き出したり、外部からハッキングされて盗まれるリスクが伴います。

それに比べ、DEX型取引所は取引するプラットフォームを提供し、秘密鍵は個人で管理する形となるためにプラットフォーム上でのハッキングはないメリットがあります。

DEX型取引所のメリット

DEX型取引所は中央集権型の取引所のハッキングをリスクを無くし、自分で秘密鍵を管理するために取引所においていた仮想通貨が急に引き出せなくなることはありません。

そのために取引所に対する規制がDEX型に入るリスクは少なく、長い目で利用し続けることができます。

中央集権型は開設する時、身分証明が必要ですが、DEX型取引所は必要でないために誰でも利用する事ができます。

しかし手数料においては中央集権型よりかは割高になっているために手数料を取るのかそれともセキュリティを取るのかによって取引所を選び取ることになります。

中央集権型はほとんどビットコインをメインに取引をする形としていますが、DEX型はプラットフォーム上の通貨であるためにビットコイン以外のアルトコイン同士で取引できるところもあります。

DEXで特に有名なのがイーサデルタですが、イーサリアムのプラットフォームを採用している事からERC20対応のトークンは全て取引をすることができます。

最近中央集権型の取引所にてハッキング被害が多いことから今後DEX型に注目が集まる可能性があります。

秘密鍵は自己管理

DEX型はセキュリティ面に優れている反面、秘密鍵に関しては自分で管理しておく必要があります。

最近では秘密鍵を狙おうと偽サイトやフィッシングサイトも出てきている事もあり、秘密鍵を要求される場合、避けるようにしましょう。

秘密鍵が預けたら、その後アカウント内に入っている仮想通貨が全部盗まれたり、ログインができなくなる事もあり、そうなった場合には、ほぼ仮想通貨は戻って来ない事を理解しておきましょう。

自分で管理する分、盗まれないように注意をしておく必要があります。

まとめ

ハッキングの被害を受ける話題が出ている中央集権型の取引所ですが、今後ハッキングリスクを避けるためにDEX型が注目されていく事でしょう。

手数料が高いデメリットがありますが、それ以外には柔軟に取引ができることから、利用する側にとっても使いやすいと感じることでしょう。

使うことになれば、秘密鍵は盗まれないようにしないといけないために、自分なりに保管方法を持つようにしましょう。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加