レジャーナノの使い方とアップデートの方法

ハードウォレット

レジャーナノのハードウェアウォレットを購入する前にまず保管したい仮想通貨が対応しているかをチェックします。

自分がこの仮想通貨を保管したくてもレジャーナノが対応していなければ、送金する事が出来ません。

レジャーナノとレジャーブルーとでは対応している仮想通貨も違うためにこれも事前に確認しておきます。

対応している仮想通貨に対しては以下のサイトから確認する事ができます。
https://www.ledgerwallet.com/cryptocurrencies

次に確認した後は公式サイトからレジャーナノを購入するようにします。

その理由はハードウェアウォレットをネット通販サイトから購入する事でコインが盗まれたと言うケースがあったために、中古やネット通販にて少しでも安くして購入するより、公式サイトにて購入される事をおすすめします。

購入後はしっかり検品を行い、レジャーナノとUSBケーブルを繋げ、パソコンに繋げることで自動的に電源が入ると、「Welcome」と表示される事を確認します。

その後、「Press both buttons to begin」とでたら2つのボタンを同時に押すことで、レジャーナノの使い方が英語で流れ出します。

Configure as new device?」と表示されたら、右側のボタンを押し、「Choose a PIN code」と出るので、4桁~8桁の中で好きな桁数とパスコードを設定します。

パスコードの設定後は2つのボタンを同時押して進んでいき、再度パスコードを再入力していきます。

そしてここはとても大事ですが、リカバリーフレーズを書き留める作業となります。

購入時に箱に入ったリカバリーシートに端末スクリーンに表示される順序で24文字を記録します。これを無くすと万が一、レジャーナノを紛失した場合には永久に仮想通貨が戻ることはほぼ不可能と見ていいでしょう。

書き留めた後、2つのボタンを押し、「Confirm your recovery phrase」と表示されたら、端末のディスプレイに表示されるナンバーの該当するパスコードを選択し、 「Your device is now ready」と表示されたら2つのボタンを同時に押して初期設定が完了します。

レジャーナノのアップデート方法

アップデートとする場合には初期化するためにリカバリーシートを用意しておきます。

レジャー社の公式サイトのウォレットページを開きますが、対応ブラウザはグーグルクロームとなっています。

ウォレットページでの「Open App maneger」をクリックし、初めての方は「Install App manager」の表示になっているので、クリックしブラウザにアプリをインストールします。

レジャーのマネージャーがブラウザを開くので、レジャーナノの本体をPCに接続してPINの解除をします。

レジャーマネージャーが開き、右のFirmwareのINSTALLボタンを押して、レジャーナノの本体に「Allow ledger manager?」と表示されるので、右のボタンを押し、インストールを開始をします。

レジャーナノの本体にはバージョンについて表示されるので、右ボタンを押して許可をします。

時間が少々かかりますが、終わった後はアップデータが完了して初期化され、左右ボタンを同時に押して、バージョン1.3.1からは8桁のPINを入力して設定できます。

アップデートの後はレジャーナノのウォレットアプリが全部消えてしまうので、アプリの再インストールが必要となり、再度初期インストールをします。

以上がアップデートの方法となります。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加