TRIG ブロックセーフとは

アルトコイン

ブロックセーフとはブロックチェーン技術にて活用する世界で初めての銃器に対する防衛ネットワークの事を指します。

ブロックセーフの前にまずTRIGについて知っておく必要があります。

TRIGはスマートガンの安全性を高めるために利用が期待されている仮想通貨であり、米国及び世界中で度々起こる銃乱射事件を防御するためのブロックセーフに使われます。

スマートガンとは通常の銃器とは違い、バイオメトリクス認証やRFIDなどの認証技術を用いて、予め設定された本人や特定の人しか動作しない銃のことを指します。

バイオメトリクス認証とは、指紋や顔による生体認証で、RFIDとは国内の交通機関が使われるSuicaやPiTaPaなどの非接触型認証の事を指します。

スマートガンの普及により、誤発射や悪意のある第三者による使用を防ぐことができ、万が一、銃が盗まれた場合でも犯罪が起きないメリットがあります。

TRIGはブロックセーフで使用される仮想通貨であり、ネットワークが構築する事で銃とスマートフォンのネットワーク構築、銃が盗まれた場合でもどこにあるのか所在地がわかることやアプリにて銃のロックができることから本人や特定の人しか使えないように管理する事も出来ます。

これにより、ブロックセーフは米国だけに限らず、銃による犯罪によって悩まされている国にとっては効果的なテクノロジーと言えます。

ブロックセーフに関わるBlocksafe財団は、銃技術が完全な可能性を発揮するために匿名、安全且つ分散化されたインフラストラクチャが必要としており、この技術によって、匿名でギャング活動を減らし、盗まれた銃器を特定し、銃が許可された銃器使用者などに対しても使用されるのを防ぐ役割もあるとしています。

さらに機能により人命を救ったり、強化された自己防衛機能のためにインフラを提供していきます。

まとめて言えば、ブロックセーフはスマートガンの内部で働くブロックチェーン技術であり、仮想通貨としてTRIGが関わっている事になります。

銃規制をするかしないか、米国で論議が出る中、ブロックチェーン技術により、銃を推進する派と反対に規制をした方がいい派と互いにメリットが生まれることが言えます。

ブロックチェーンによるセーフティ機能は今後様々な人為的に難しい所を規制できるために、TRIGを通して高度な防御ネットワークの構築として見本となる仮想通貨とも言えます。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加