エリオット波動の正しい引き方と、インとアウトの仕方

チャート

為替相場にて様々な分析方法が用いられていますが、仮想通貨においても為替相場以上に変動が大きいために為替相場で使われいる分析方法を使う事ができます。

 

そして多くのトレーダーが注目しているのがチャネルラインと呼ばれ、FX初心者でも簡単に取り組める分析手法であるため、仮想通貨初心者でも使う事ができます。

チャネルラインを簡単に引けそうに見えても、実は以外にそうでもなく、ポイントを間違えて引いているトレーダーもよく見かけます。

チャネルラインを引く前に相場を見てみると波のように寄せては返すなどの繰り返しをしてトレンドの方向に進んでいきます。

このトレンド方向に大きく進む波をエリオット波動で言う衝撃波といい、チャネルライン沿いに展開します。

エリオット波動に対しての正しい引き方、インとアウトの仕方について詳しくお伝えします。

エリオット波動とは

エリオット波動は、トレンド方向に大きく進んでいく5つの波からの推進波と、その動きを調整する3つの波の修正波で1つのサイクルを構成します。

つまり、5つの波3つの波のサイクルを繰り返しながらトレンドの終点まで進んでいきます。

基本的には5つの波が現われている方向にトレンドがあり、5波で進んだ後の押し目である戻りがトレードチャンスとなります。

エリオット波動の衝撃波のルール

エリオット波動の衝撃波のルールは3つとなっています。

1つ目は2波動目の終点1波動目の始点を越えないこと、2つ目は1,3,5波動3波動目は1番小さな波動にならないこと、3つ目は1波動と4波動は重複しない事となっています。

この3つのルールを守りマスターしていけば、推進波の大部分は理解したことになり、これだけで波動カウントすることができます。

エリオット波動の修正

推進波でトレンド方向に進んだ波を調整する事を修正波、もしくは調整波と呼ばれます。

修正波は3つの波かその変形で構成され、推進波と区別するためにabcで表記します。

修正波はルールでなく、その4つのパターンを覚えるだけなので、覚えれば修正波は身についた事にもなります。

4つの修正波のパターンはジグザグ修正、フラット修正系、トライアングル系、複合修正波とあり、チャートの動きを見れば、どの修正波を適用させるかがわかるようになります。

まとめ

エリオット波動はそのルールをわかった上で引き始め、チャートの動きを見て、修正波で修正するようにします。

基本を覚えて引くのであれば、とくに難しすぎるわけではないために、何回も繰り返しながら身に付けていきましょう。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加