ビットコインFXのおける証拠金の考え方とは

Uncategorized

ビットコインFXを利用するには証拠金と言う資金が必要となり、レバレッジ設定をすることによってどれくらい取引できるのかが決まります。

証拠金とレバレッジ設定を間違って計算した場合、相場の急激な変動によってロスカット(強制取引終了)を受けることになるために、事前に把握しておく必要があります。

ビットコインFXにおける証拠金の考え方についてお伝えします。

手元の資金より大きな額で取引可能

FX取引をする場合に通常の取引と比べ、大きな特徴としては手元にある自己資金よりも大きなが額の取引ができると言う点です。

例えば手元に5万円の資金があったとし、10万円の取引をしたくても自己資金がない場合には倍率を2倍にする必要があり、取引するためには証拠金と言うのが必要になります。

証拠金としての入金額はFXを取り扱っている取引所によってまちまちであるために、それに従って証拠金として入金します。

例えば、手元の証拠金が5万円で、10万円の取引をするのであれば、2倍の取引をする事になります。

この倍率をレバレッジと言い、このケースだとレバレッジ2倍で、レバレッジ4倍での10万円の取引を望むのであれば、10万円の4分の1で25,000円の証拠金入金をすることで取引する事ができます。

レバレッジの倍率に注意

証拠金が少なくて大きな額の取引をと考える方は、高いレバレッジ倍率を設定することで、取引をすることができます。

しかしレバレッジの倍率が上がれば1円の変動に対してレバレッジ倍率をかけた額の価格が提示される事にもなります。

その時、少しの変動でも多額の評価額になるためにビットコインなどの仮想通貨は相場の変動が激しいために注意が必要と言えます。

レバレッジ倍率を高めて多額の利益を上げられる事もあれば、反対に多額の損失を受ける可能性もあることも理解しておく必要があります。

売りからもできるビットコインFX

現物取引は通常、買い注文から入っていきますが、ビットコインFXは証拠金と言う名目であるために売り注文から入ることができます。

例えば、相場が下落傾向であれば、売り注文から入ることによって下落することで収益を上げることができます。

そして一定の時期に買い注文をすることで売り注文での決済をすることになるため、現物取引とは違うメリットがあります。

売り注文からでも証拠金とレバレッジ倍率の関係は買い注文と同様となっています。

まとめ

ビットコインFXは証拠金とレバレッジ倍率とのバランスを見て設定し、始めるようにします。

証拠金を安くし、レバレッジ倍率を高めにすると急激な相場の変動によって、ロスカットを引き起こすことにもなります。

ロスカットとは強制取引終了で、取引所によって証拠金が何パーセントになったら発動されると言う設定となっています。

ロスカットにならないために証拠金の維持資金に余裕を持つようにしましょう。

ビットコインFXは収益を得るメリットもあれば、価格変動に対して対応できない事もあるために余裕を持って取引するようにします。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加