JOBコインとは

ICO

JOBコインは今までの働き方や給与のもらい方について考え方を根本的に変える今年最も注目されている仮想通貨です。

JOBコインについて詳しくお伝えします。

現状の給与払いについて

私たちが働いた後給与をもらう時には、月末締めの翌月25日払いなどタイムラグを発生させながらしています。

しかし、この流れだと働いた分を早い段階でもらうことができないために急な出費に対しては、賃金としてもらう給与が手元にないため、あえなくクレジットカードを使って借り入れるなど悪循環を引き起こす原因にもなっていました。

企業によっては従業員が働いた分をすぐにもらえるシステムを導入しているところもありますが、ごく一部の企業となっているのが現状です。

実際働いた分をすぐにもらえる日払い可能な企業の応募は、他の日払いできない企業に比べ応募が3倍から6倍もの応募があると言う統計もあります。

これをブロックチェーン技術を使うことで日払いを簡単にし、企業もリスクを最小限に抑え、手数料も最小限抑えることとして生まれたのがJOBコインなのです。

JOBコインの仕組み

JOBコインを企業が導入することでどんなメリットがあるのか言うと、企業は勤怠のシステムと連動して給与の支給から決済までの連携する事が可能になります。

従業員は働いた分相当の給与を自由にJOBコインとして受け取ることができるため、従業員が今まで月末締めの翌月25日を受け取る前に天引きと言う形として事前にJOBコインを受け取ることができます。

企業は今まで通りに給与支払日に給与支払の相当額を支払うのみとなるために企業と従業員それぞれ、負担を掛けることなくメリットとして仕組みを作り上げることができます。

企業にとってJOBコインを従業員が働いた分事前に自由に受け取ることで、従業員の定着率を上げ、雇用の促進を促すことができます。

従業員側はわざわざ働いた分を会社側の経理担当に方に相談する必要が無く、すぐに働いた分を給与としてもらうことができます。

JOBコインの将来性

JOBコインの使われ方については企業側と従業員側にメリットがありますが、どこまで普及するかによって仮想通貨としての価値も上がって来ることでしょう。

JOBコインを実際に受け取ったとしてもまずJOBコインを日常生活で使う円に交換する必要もあれば、一回JOBコインで受け取りその後放置しておくことで相場が下がることも考えられるために、ペッグ通貨のような固定相場にしておく必要性もあると考えられます。

JOBコインの需要はわかりつつも海外においてはビットコインで給与の一部を受け取っている方もおられるために、普及率によってJOBコインが使われて始めると予測されます。

まとめ

企業と従業員の給与のあり方について、JOBコインは架け橋を作り上げるのに便利と言えますが、企業側とJOBコインの世間での普及率が鍵になることでしょう。

注目はされつつも定着するのに時間が必要な仮想通貨とも言えます。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加