NANJコインとは

アルトコイン

NANJコインは今年1月に2ch.scにて誕生した仮想通貨トークンです。

NANJコインについて詳しくお伝えします。

NANJコインは2ch.sc上になんでも実況Jこと「なんJ」コミュニティにおいて生まれたイーサリアムベースの国産の仮想通貨トークンで、有志たちが集まり開発・運営が行われて、今年3月に法人化して会社組織として運営することになりました。

国産仮想通貨言えば、モナコインやゼニーがありますが、NANJは珍しいスポーツに特化した仮想通貨を目指しています。

将来はスポーツ分野での決済手段や、選手に対して寄付をするなどに活用するために、スポーツ振興に貢献をもたらす仮想通貨として期待されています。

資金に困っているスポーツ選手や団体をサポート

今年冬季オリンピックが韓国で行われ、選手にとっては金メダルを獲得した事で盛り上がりを見せましたが、オリンピックや選手活動をする場合に一番大変なこととして資金面と言えます。

まだ名が知られていない将来性のある選手であれば、企業にサポートを持ちかけて援助してもらうために練習以外にも企業回りをしなくてはならない現状がありました。

国からのサポートも徐々に行われてはいるものの、まだ選手が全力で練習に力をつぎ込むことが難しい環境となっています。

そんな中、まずNANJコインは今年2月にエアドロップにおいて無料配布を行い、一般への認知度を広め、その後は海外取引所上場後にてプレセールを行い、NANJコインの価値を高めてスポーツ分野をサポートしようとする流れを作り上げています。

NANJコインはコミュニティ内での投票の際に使用する事も可能であり、投票機能を活用したスポーツチームの運営も予定しているために今後の活躍が楽しみと言えます。

NANJコインの将来性

NANJコインが3月末に法人化するとの影響を受けて、チャートは上昇をする形となりましたが、その後は落ち着きを取り戻しました。

海外の仮想通貨取引所のコインエクスチェンジにて取引されるようにもなり、今後取引を通じてNANJコインの価値が上がることも考えられます。

NANJコインの運営側の特徴としては10%しか保有していない事で、他のアルトコインは大抵運営側の保有率が高い印象ですが、NANJコインは市場による価値を求めているために、後に運営側が保有しているコインを大量売却によって値崩れを起こさせないようにしています。

運営体質においても健全性を保つように心がけています。

まとめ

NANJコインはあらゆるスポーツ選手や団体を支援する形と期待されている仮想通貨であり、ToToのようなメジャーなスポーツのみ支援する形ではなくフェアにどんなスポーツをもサポートする事も考えられるために、今後活躍する場面は増えてくると予想されます。

このスポーツ分野に特化したプロジェクトが今までないために競合する相手がいないことで需要は今後も増えると考えられます。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加