RSIとは

インジケーター

RSIとは投資におけるチャートでの指標の事を指し、直近の一定期間におき、終始ベースで上昇変動、下落変動のどちらの勢いが強いかを計測するのに役立ちます。

 

直近の期間における終始ベースの変動幅、つまり、上昇幅の累計と下落幅の累計を合計し、そのうち上昇幅が累計の全体の何パーセントを占めているのかを計ります。

RSIは50%を中心に0~100%の範囲で推移し、上昇局面であると数値が50%以上を推移し、下落局面だと数値が50%以下を推移します。

通常RSIが70%~80%であれば相場は買われすぎ、反対にRSIが20%~30%であれば相場は売られ過ぎと判断する事ができます。

RSIについてさらに詳しくお伝えします。

RSIの見方

RSIは短期から中期的な売買タイミングを見る時に広く使われ、次の点を考慮すれば効果的に判断するのに役立たせることができます。

まず、短期的に14日を使うケースで見ることが多く、75%以上は買われすぎ、30%以下は売られすぎと見ることができます。

通常株価でのチャートの味方として使われやすいですが、株価以外にも為替チャートや仮想通貨の相場を見るのにも役立させることができます。

RSIでの14日線は8ヶ月~10ヶ月の上昇サイクルの押し目に有効で30%以下は買いのポジションとなります。

上昇サイクルでは14日線が80%過ぎると、目先反落が近づいている事を示しています。

上昇し続ける場合80%過ぎても、上昇が続くケースもあり42日、52日線が70%以上になると、目先高値に近づいている事と言えます。

RSIの注意点

RSIは逆張り用テクニカル指標として最も有効的な指標の一つとして知られていますが、比較的うまく機能するのは保ちあい、あるいは穏やかなトレンド相場だけとなっています。

仮想通貨相場であれば一時期変動が激しかったコインに対しては慎重に利用する必要があり、むしろペッグ通貨のような法定通貨と繋がっているコインには向いていると言えます。

そのため非常に強力なトレンドであれば、買われすぎに見える局面に売ってもその後にさらに上昇することもあり、売られ過ぎに見える局面であれば買っても、その後さらに相場が下落することも考えられるために、対象とするコインを特徴を見て利用される事をお勧めします。

RSIの使用日数

RSIの使用日数は日足であれば、9日、14日、22日、30日、42日、52日とあり、週足であれば9週、13週とがあります。

まとめ

RSIを利用する事で売買のタイミングを決定するには効果的な判断材料となります。

仮想通貨においてもチャートがありますが、コインによって変動幅が多いために日足、週足のどの期間を適用させるのがいいのか、コインによって判断する必要があります。

流れを読み取りづらい仮想通貨相場であるからこそ、RSIをうまく使い分けることで安定的な売買に結びつける事も可能と言えます。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加