MACDのダイバージェンス、ヒドゥンダイバージェンス

インジケーター

MACDとは2本の移動平均線、MACDとそれを単純移動平均化したシグナルの2本のラインを用いることで、相場での周期とタイミングを捉える指標となっています。

MACDとはMoving Average Convergence/Divergence Trading Methodの略で日本語では移動平均・収束・拡散手法と呼ばれています。

MACDの中でダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスと言うのがあり、それぞれについて詳しくお伝えします。

ダイバージェンスとは

ダイバージェンスとは逆行現象の意味を指し、テクニカル数値と実際のレートが逆に動く状態のことを指します。

普通であれば、過熱感を示すオシレーター系のテクニカル数値も上昇を続けるように思いますが、あまり上昇が続き過ぎると、逆にテクニカル数値が下がってしまう事があります。

しかしダイバージェンスは、トレンドが終わる兆候を示すために、ダイバージェンスをマスターすればトレンドにおいてもオシレーター系を活用することができるようになります。

ダイバージェンスには2種類あると言われ、ダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスがあり、ヒドゥンダイバージェンスは隠されたと言う意味であるために、それぞれの特徴を理解しておく必要があります。

ダイバージェンスの判定の仕方

レートの動きやテクニカル指標の逆行を見る時、上値や下値で見比べるのが一般的で、上昇トレンドであれば、上値に注目しレートの上値を更新しているのに、テクニカル指標は上値を更新できなければ、ダイバージェンス確定とします。

反対に下降トレンドであれば、下値に注目し、レートが下値を更新しているのに、テクニカル数値は下値を更新できなかったとして確定します。

ヒドゥンダイバージェンスとは

ヒドゥンとは隠されたと言う意味で、ダイバージェンスは大きなトレンドに逆行する狙いに対し、ヒドゥンダイバージェンスは大きなトレンドに乗って行くのを狙いとしています。

ダイバージェンスは上昇トレンドであれば、上値を使って判定を行い、ヒドゥンダイバージェンスは上昇トレンドであれば、レートの下値の切り上げを使って判定を行っていきます。

つまり下降トレンドであれば、レートの上値の切り下げを使う事になります。

ヒドゥンダイバージェンスの判定の仕方

ダイバージェンスは上昇トレンドであれば、上値を使って判定するのに対し、ヒドゥンダイバージェンスは上昇トレンドであれば、レートの下値の切り下げを使って判定していきます。

下降トレンドであれば、レートの上値の切り下げを使う事になります。

まとめ

ダイバージェンスを使いオシレーター系を使うこなすことができ、判定のポイントを抑えれば、思ったほど難しくないと言えます。

ダイバージェンスは絶対的なサインではないのですが、取引をしていくうちに根拠の補強として使い勝手のいいサインとして使う事ができます。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加