ショートが溜まる、ロングが溜まる、その意味と確認方法

ビットコインFX

FXや仮想通貨のチャートにおいてショートが溜まる、ロングが溜まると言う言葉が聞くことがあります。

それぞれどんな状態なのかを詳しくお伝えします。

ショートとロングについて

まずロングとショートについてですが、ロングは買いの事を指し、ショートは売りの事を指します。

ではなぜBuyとSellと言う単語使わないのかと疑問に持たれる方もおられます。

通常そのような単語を使う事もありますが、トレードにおいてはロングとショートと言う単語が一般的であり、期間の事を指していないと事前に理解しておく必要があります。

ショートの場合での溜まると言う意味

ショートは売りの事を指し、売りは下げるとイメージがあることから、相場参加者として見れば、恐れを抱くことが多いことからこのような言い方をすると言われてます。

一度下げ始めると雪崩のように一気に下落をする可能性もあるために、売りのポジションを持つときは保有時間が短くなることからショートと呼ばれます。

ショートが溜まると言うことは、売りたくてポジションを持ったとしても、すでにショート注文が沢山ある状態と言えます。

急激な下落方向に向かう時にショートが溜まる率が多くなるとも言えます。

ロングの場合での溜まると言う意味

ロングは買いの事を指し、じっくりオーダーが溜まっていくことが多いために、上昇するのに時間がかかる性質から、必然的に買いのポジションを持つときは保有時間が長くなり、そのためロングと呼ばれます。

ロングが溜まると言う事はショートと反対に誰も買いたくても、すでにロング注文が沢山ある状態と言えます。

上昇基調のときに、ロングのポジションを持っている人が多くなるため、ロングが溜まると反対に利益確定の売りもでてくるとも言われています。

まとめ

ショートとロングを使い分けて、取引所では人々が取引を行っています。

仮想通貨であれば、交換所であれば売りたい、買いたいと思う時にレートは若干高めや低めで交換する事ができますが、取引所であれば買いたいと思われた時でも売る方の相手方がポジションが取引に出て来なければ、取引を完了をすることができません。

交換所と取引所を使い分けて売買を成立する必要があります。

買いたくても売ってくれる相手がいない場合には、早めに交換所にてレートは高くても購入される事をお勧めします。

ショートも反対に売るようにすることをお勧めします。

実際にロングが溜まっている時に売りにまわる方もおられますが、相手方も利益を出そうと考えているために高めに売り価格を提示するためにどのタイミングで、買いたい側は仮想通貨を確保しようかと独自にルールが必要とも言えるでしょう。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加