Crypto Harbor Exchange(クリプトハーバーエクスチェンジ)とは

取引所

Crypto Harbor Exchange(CHE)は取引所の事を指し、同取引所を作るためにCHEトークンが発行され、最終的にはCHE内にてCHEトークンとして使用されていきます。

CHEについて詳しくお伝えします。

CHEの特徴

CHEで使われていくCHEトークンは、現在、他の取引所内にて使われているBINANCEのBNBトークンやHoubiのHTトークンのようなもので、CHEトークンを保有していることで取引手数料が半額になると言う特典があります。

CHEはBINANCEのように新規上場するコインの人気投票に参加するように、CHEトークンを使用されていくとしています。

BINANCEのような海外の人気仮想通貨取引所の例から見れば取引所にある独自トークンは高騰する傾向があるため、CHEが有名になっていくことでCHEトークンも今後高騰する可能性があります。

CHEの運営側からの見解

CHEの運営側からして見れば、今回CHEトークンをオープン前に発行する事で、トークンの売り逃げが無いよう、運営の保有比率がわずか10%しかない事を伝え、暴落の不安を最大限防ぎたいと公式発表しています。

取引所であるためにまず60%にあたる300億枚を売り板に並べる積み荷タイムがCHEのオープン前に設けられており、300億枚が余った場合にはBurnやロックアップを実施する事で、市場価格に対し、影響が内容に対処するとしています。

CHEトークンに対しては、まず5月にCoinExchangeにて上場予定としています。

CHEの将来性

CHEはBINANCEと似たような環境を作るようなニュアンスをしているために、人気が出る取引所になる可能性があります。

特にCHEトークンは5月にCoinExchangeに上場する事から、上場後は高騰する事も考えられます。

CHEのホワイトペーパーによれば正式OPENは18年の12月であることから、それまではCHEトークンは上昇していくだろうと予測されます。

さらに20年には独自のブロックチェーン開発や自立分散型取引所であるDEXを開設をしており、期待度がとても高いと言えます。

まとめ

CHEがオープンされるまではDISCORDにて盛り上がりを見せることと思われ、CHE側としてもコミュニティ重視をしている事から、今後情報が増えてくるだろうと考えられます。

CHEが今後どんな仮想通貨を取り扱いをするかによっても取引所として存在感を現わして来ることでしょう。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加