TokenPayとは

アルトコイン

TokenPayとは高度なセキュリティとプライバシー機能を備えたビットコインの暗号技術を組み込んだブロックチェーンプロジェクトの事を指します。

具体的にセキュリティの強化と使いやすさを加えた暗号通貨であり、将来的にデビットカードを作って、買い物でも使えるよう利便性を高めていくために銀行のライセンスを取得する方針をも持っています。

TokenPayについて詳しくお伝えします。

TokenPayの優れた匿名機能

仮想通貨の中でも特に匿名通貨として有名なのが、モネロやダッシュ、ジーキャッシュがありますが、それらの匿名通貨より優れた機能をTokenPayには実装しており、Elliptic Curve Diffie-Hellman(ECDH)の方法を実装しており、ECDH鍵交換としても知られています。

EDCHとはの暗号化レベルは、政府のセキュリティ機関が最高秘密ファイルや文書を保護する同等のレベルを維持しています。

メッセージをする際にはTokenPayのP2Pネットワークを介して配布され、各暗号化されたメッセージのコピーが各ノードに48時間保存され、この期間が過ぎれば、メッセージは永久的に削除され、送信、受信双方の当事者によっても検索されることはないとしています。

さらにTor Network Integration(Tor)のネットワークにより、完全なクライアント側実装を特徴としています。

安全なTPAYネットワークトランザクションにより、実行する際には絶対的な匿名性を提供するために実装されています。

アドバイザーにVergeが付いている

匿名通貨にて人気のあるVerge(XVG)のチームがTokenPayにアドバイザーとしてついています。

匿名通貨について評判のよいXVGのチームが付くことで匿名通貨としてノウハウを持っている事から、優れた暗号環境を作り上げています。

TokenPayの将来性

TokenPayは今後匿名通貨としてさらに注目されていく可能性があります。

XVGチームや既存の匿名通貨より優れた機能を実装している事で高騰も考えられます。

まだICOの段階であるために今後様々な取引所で取り扱われる可能性があります。

まとめ

TokenPayは優れた暗号技術と今後デビットカードでも使えるようにするために銀行のライセンスを取得するとの事で、将来性を見て購入される方は多いかと思われます。

しかし匿名通貨であるために、どのように使われたかについては読めない事もあって、国内での取引所で取り扱われないデメリットもあることから急激な高騰は見せず、確実に認知されていく事と考えられます。

長期保有について優れた仮想通貨であるために、今後価格は上がっていくと考えられます。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加