ボリンジャーバンドの仮想通貨トレードでの使い方

インジケーター

ボリンジャーバンドは、米国の証券アナリストであるジョン・ボリンジャー氏によって考案されたテクニカル指標で、何日間の移動平均線から何日間の終値がどれくらいばらついているのかを見る標準偏差を利用したバンドです。

ボリンジャーバンドの目的、使い方についてお伝えします。

バンド形態により、ボラティリティを把握

ボリンジャーバンドにより、複雑な計算式を覚える必要が無く、幅を指標にて確認するだけで現在のボラティリティを判断する事ができます。

ボリンジャーバンドのメリットは一目でボラティリティを把握することで、ボラティリティとは金融工学においては資産価値の変動の激しさを表すパラメータの事を指します。

ボリンジャーバンドを利用したトレード手法はいろいろあり、とてもシンプルで重要な「2σ」を設定することからが始めと言えます。

ボリンジャーバンドにはチャート上での移動平均線から線が割り出されており、1標準偏差を「1σ(-1σ)」、2標準偏差を「2σ(-2σ)」、3標準偏差を「3σ(-3σ)」の6本のボリンジャーバンド(標準偏差)を使用してトレードしていきます。

ボリンジャーバンドは、日々の終値が移動平均線よりも乖離していれば、標準偏差が大きくなるためにボリンジャーバンドは広がり、移動平均線付近で推移してれば、標準偏差が小さくなるために、ボリンジャーも狭くなる特徴があります。

スクイーズとエキスパンション

ボリンジャーバンドが拡大している状態から内側へ縮小している場合、幅が狭くなっているチャートを探し、その狭くなっている状態をスクイーズと言います。

さらにスクイーズの状態を監視続け、「2σ(-2σ)」バンドが越えてくると共にボリンジャーバンドが広がってきたらエントリーをします。

このボリンジャーバンドが広がることをエキスパンションと言い、スクイーズからエキスパンションを狙う時に、移動平均線の向きや上値抵抗線など、他のエントリーの根拠も確認する事で暴騰相場に乗れる可能性もあります。

移動平均線の乖離率が大きい場合に注意

ボリンジャーバンド以外に移動平均線を利用している方はどの判断でどのような対応すればいいのかとても重要と言えます。

移動平均線は終値を平均化したもので、価格が急騰したり、急落したりすると移動平均線から価格が乖離する事があります。

価格は必ず平均に回帰すると言う習性があることから、移動平均線から大きく乖離した場合には急騰や急落が起こる可能性があるために注意が必要です。

ボリンジャーバンドによるボラティリティの把握以外に移動平均線を用いることで事前に対応する事が可能となります。

まとめ

ボリンジャーバンドによりボラティリティを把握できると共に移動平均線を使って売買のタイミングを持つ事はとても重要です。

それぞれの主旨の意味を理解し、使い分けることが大事と言えます。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加