平均足とは

チャートを調べるときによく平均足と言う名を聞きます。

平均足とは、陽線と陰線の連続性に焦点がおかれ、ローソク足の始値と終値を修正したテクニカル指標の事を指します。

平均足について詳しくお伝えします。

平均足のメリットとデメリット

平均足のメリットは、一目でトレンドが分かることで他のテクニカル指標とは一線を画しています。

陽線が連続すれば上昇トレンドで、陰線が連続するれば下降トレンドとなります。

そのため、シグナルが単純明快であることから、シンプルに売買判断できるために素人でも馴染みやすい指標と言えます。

価格の平均値を採用しているために曖昧さが少なく、上手な見方をマスターすれば、トレンドが発生するたびに利益を得られることに繋がらせる事ができます。

しかしデメリットとしては細かい値動きを察知することができないため、平均足とローソク足を併用する事が一般的とも言われています。

平均足の作り方

平均足に似ている指標としてローソク足がありましたが、ローソク足は四つの価格で構成されており、始値、安値、高値、終値を使います。

平均足も同様この四つの価格が基本となっていますが、違いとして始値と終値があり、高値と安値は同じとなっています。

平均足の始値と終値の計算の仕方は、始値が一本前の足の始値と終値を足して2で割った数で、終値は現在の足の始値と高値と安値と終値を足して4で割った数となります。

平均足の正しい見方

平均足の正しい見方を知ることで、トレンドを確実に把握できるようになります。

平均足はローソク足とは異なり、見る時には陽線、陰線、それぞれの見方を意識し、読み取るようにしていきます。

陽線とは始値よりも終値の方が高いローソク足のことを指し、陽線が出たことで、その期間、相場が上昇した事になります。

反対に陰線は終値よりも始値のほうが高いローソク足の事を指し、陰線が出たことで、その期間、相場が下落した事になります。

陽線が連続している時は上昇トレンド、陰線が連続している時は下降トレンドを指し、上ヒゲ陽線が連続していれば強い上昇トレンドの事を指し、下ヒゲ陰線が連続していれば強い下降トレンドの事を指します。

まとめ

平均足を上手に利用する事で、損失を抑え、利益を拡大するトレードが可能になっていきます。

平均足のメリットとデメリット、読み方を理解することで、自分に合ったトレードを方法を作り上げていくことも可能です。

ローソク足との併用により、様々なシーンにてどのような違いがあるのか、認識するのがおすすめと言えます。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加