レジスタンスライン、サポートラインとは

チャート

チャートを見る場合に流れが分かったとしても重要である値が動き出すポイント、さらに値が止まるポイント見分けることでチャートにおける売買を的確に行う事ができます。

この動くポイントを理解しないまま、トレードを行えば、エントリーしたとしてもすぐに相場が逆行し大損するとすることに繋がります。

これらのポイント見つけるのが、レジスタンスラインとサポートラインとなります。

それぞれのラインについて詳しくお伝えします。

レジスタンスラインとは

レジスタンスラインとは別名、上値抵抗線と呼ばれ、価格が上昇してレジスタンスラインに近づくと、ラインが超えて価格が上昇しないように圧力がかかっていきます。

つまり上値が超えないように抵抗圧力が働く線の事を指します。

通常、レジスタンスラインの引き方は高値圏での高値同士で引き、2つ以上の同じ価格帯の高値を見つけ、その2点を結んで水平ラインを引きます。

チャート上では直近の高値になっている箇所があれば、その価格帯を意識し、上昇トレンドが続き、価格が直近の高値を近づくことで、反転を狙った新規の売り注文やすでに買いポジションを持っている人が手仕舞い売りを出す傾向になります。

この時に買い圧力より売り圧力が増えることで、一時的に反落します。

サポートラインとは

サポートラインとは別名、下値支持線とも呼ばれ、価格がサポートラインまで下がってきたら、そこよりも下がらないように相場は反発しようとし、価格が下値のラインを越えて下がらないように支持する力が働くために、下値支持線と言われます。

サポートラインの引き方はチャートの下落の反転して上昇することから、同じ価格帯でチャートの下落が止まっているポイントである安値を見つけたら、そのポイントを結んでラインを右端まで伸ばしていきます。

チャートで下降トレンドが続き、価格が最安値付近に近づけば、トレードに参加している人々からは意識が強くなり、さらに意識が強くなればなるほど、買いの注文をいれたり、売りのポジションを持っていた人は買い戻そうとしてきます。

これによって売り圧力より買い圧力が勝り、価格に上昇圧力が働きます。

レジスタンスラインとサポートラインの応用

レジスタンスラインとサポートラインを引いた後に実際にトレードに適応していく必要があります。

重要なポイントは3つあり、トレード前に色んな時間軸でラインを引くこと、ブレイクが起きるポイントの予想、ブレイク後のラインは転換する事があります。

まとめ

レジスタンスラインとサポートラインをまず引いた後、どのような時にブレイクが起こるのか色んな時間軸において判断基準を独自に高める必要があります。

このブレイクを見極めれば、他のチャートへの応用にも的確に使い分けることにもなるために身に付けたいラインとも言えます。

LINE@友達追加で仮想通貨の情報を受け取ろう!

友だち追加